専業主婦フリーローン研究所 TOP > 専業主婦カードローンについて > 条件によって借りられる専業主婦カードローンは違う

条件によって借りられる専業主婦カードローンは違う

専業主婦がカードローンを申し込む場合、条件によって借りられるカードローンが変わってくることがあります。その条件とはズバリ収入です。
 
専業主婦というと働かないで主婦に専念している人という意味なのですが、不景気の昨今、主婦業を行いながらも自宅で在宅ワークをしたり、短時間のパートに出かけている方などもいます。
 
しかも在宅ワークなどは、仕事内容によっては一般的な会社員程度の収入を得られている場合もあるのです。
 
もちろんそんな時には確定申告しないといけないこともありますが、それでも自宅にいて主婦業もしていれば専業主婦と呼ぶこともあります。
 
大きく分けると、会社員並みの収入を得ている方、お小遣い程度の収入がある方、全くの無収入という方の3つに分けられるでしょう。
 
会社員並みの収入を得ている専業主婦で確定申告をしている方なら、一般の銀行融資を受ける事が出来ますし、一般のカードローンも、金利が優遇されている専業主婦カードローンもOKです。
 
お小遣い程度の収入がある方は、融資限度額によってはそのわずかな収入で一般のカードローンを申し込みも可能です。
 
無収入の専業主婦の場合は、夫の収入が審査項目となる専業主婦カードローンでしか借りる事ができません。
 
このように、収入の額、有無によって同じ専業主婦の方でも申し込みができるカードローン・融資は違ってくるので、自分はどれに当てはまるのかをチェックして申し込んでみるといいでしょう。


このページの先頭へ