専業主婦カードローンの金利

グラフ
金融機関からお金を借りた場合、元金を月々分割して返済していく形になりますが、その時には金利に基づいた元金に対する利息も支払わないといけません。
 
これがすなわち金融機関の利益となるわけです。
 
一般的にカードローンのような無担保ローンは担保物件や保証人をつけない代わりに金利が高めに設定されているものなのです。
当然、専業主婦カードローンも無担保ローンのひとつですので、金利は決して低いとは言い切れません。
 
ただ、金利が高いとはいっても、当然法律の範囲内でありますし、専業主婦カードローンによっても若干変わってくるのです。ですので、専業主婦カードローンを選ぶ場合にはその金利の低さで選ぶというのも大切なポイントです。
 
確かに専業主婦が利用するのですから、高額融資となることはまずないでしょう。
1%程度金利が違うだけでは年間で数千円しか違わないものなのです。
 
たとえば10万円借りたとすれば金利1%の違いでは年間1,000円しか違いません。
とはいうものの、やはり収入のない専業主婦にとってみれば、貴重な額なのです。
 
一般的に専業主婦カードローンの金利は、銀行カードローンの金利とほとんど変わりません。
年利4.5%~14.8%というように金利幅はあるのですが、専業主婦の場合高額融資は難しいですからおそらく高いほうの金利となることでしょう。
 
ただ、中には消費者金融カードローン並みの上限金利ギリギリの18.0 %というところもあります。
 
もちろんサービス面、使い勝手の面でも見比べないといけませんので一概には言えませんが、できれば金利は低いほうがいいです。


このページの先頭へ