専業主婦カードローンの借入限度額

カードローンを利用する際、どれくらいまだ借り入れできるのかというのは 契約の際の借入限度額によって決められます。
その範囲内であれば、何度でも貸し借りできるというものです。
 
一般のカードローンの場合は、年収や職業、返済実績などを判断されて決められるものです。
そのため、条件が満たされればそのカードローンが定める最大融資限度額まで借り入れする事もできます。
 
では、専業主婦カードローンの借入限度額はどれくらいになるのでしょうか。
 
会社員並みの収入があるという方であれば、一般カードローンと同じように最大融資限度なくまで融資してもらえる可能性はあります。
ですが、収入がない、収入が少ない専業主婦の場合はそこまで借り入れする事は出来ません。
 
パートなどでわずかとはいえ収入があるという方であれば、消費者金融カードローンもOKです。
その場合は総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか借りられません。
 
月々5万円程度の収入であれば年収は単純計算で60万円、その3分の1ということですので20万円までが借入限度額となります。
ただ銀行カードローンは総量規制の対象ではないのでその限りではありません。
 
では無収入の主婦の方はどうなのかというと、やはり配偶者の年収によって変わってきます。
そのため、一般カードローンと同じように借入は可能という金融機関もあります。
 
ですが、実際は配偶者が相当の収入がない限り、30~50万円位が借入限度額となる事が多いです。
また、金融機関によっては最初から専業主婦カードローンは30~50万円位が限度としているところもあります。


このページの先頭へ