専業主婦フリーローン研究所 TOP > 専業主婦カードローンについて > 専業主婦カードローンと一般カードローンと違い

専業主婦カードローンと一般カードローンと違い

専業主婦
最近は専業主婦でも借りられるカードローンも増えてきています。
では、一般カードローンと専業主婦カードローンとでは何が違うのでしょうか。
 
専業主婦というと、主婦業に専念している方となり、一般的には収入がなく旦那さんの給料で家族の生計を立てていることになります。
とはいえ、最近は在宅ワークなども増え、自宅でちょっとしたお小遣い稼ぎをしている方もおり、働いていても専業主婦と呼ぶ事があります。
 
そういった働いて収入のある専業主婦は、一般カードローンでも審査をクリアする事ができるので変わりはありません。
 
ですが、収入のない専業主婦もいます。
そういった方の場合、一般カードローンは申し込みすらできないこともあります。
 
収入のない専業主婦向けのカードローンが専業主婦カードローンとなります。
 
本来、収入がない人には金融機関は融資をおこなうことはありません。
収入がないのですから返済能力がないと判断されるからです。
ですが専業主婦の場合、旦那さんと生計を共にしているわけですから、そちらの給料から返済できるのです。
 
そのため、専業主婦カードローンの審査では、旦那さんの年収や職業、返済能力などが審査項目の一つとなっているのです。
もちろん、それでも借り入れの名義は専業主婦の方となります。
 
たいていは一般カードローンとの違いはそれだけで、金利などその他の条件もほとんど変わりません。
金融機関によっては数%金利が優遇されている事もありますが、それ以外は使い方、返済方法も変わりはないでしょう。


このページの先頭へ