夫以外の家族に借りる

3世帯家族
お金が必要という場合には、一番は夫から借りる方法なのですが、夫には話したくないような理由でお金が必要というケースもあるでしょう。
 
そんな時には夫以外の家族から借りるというのも一つの方法です。
この方法の場合、基本的に元金だけを返せばいいというケースが多いです。
 
特に実の両親であれば、ある時払いでもOKと言われる事もあり、実質的には返済しなくてもいいというケースも出てくるでしょう。
 
ただ、それ以外の家族、例えば働いている子供や兄弟からお金を借りた場合には、しっかりと計画性を持って返済しないといけません。
 
とはいえ多少遅れてしまっても、話せば分かってもらえるものです。
専業主婦カードローンの場合には、比較的高い金利で毎月確実に返済していかないといけません。
 
ただ夫以外の家族にお金を借りる場合、それ相応の理由がないと気軽に借りられないでしょう。
例えばブランド品が欲しい、旅行に行きたい、といった個人的な理由だと気軽に貸してくれないかもしれません。
 
また返済が多少遅れてもいいとは言うものの、返済が遅れればいくら家族でもトラブルになる事はあります。
長期間借りるのは厳しくなります。
 
専業主婦カードローンの場合、使用用途はどんな事でもOKです。
もちろん返済遅れはいけませんが、使用用途でトラブルになる事もないでしょう。
 
しかも専業主婦カードローンは毎月返済して融資限度額に余裕ができれば、再キャッシングもできます。
結果的に利息だけを支払って行く形になる事もありますが、それでも全額返済を迫られずに借り続ける事は可能です。


このページの先頭へ