収入がある時に申し込みを

専業主婦となった女性でも、たいていの人は結婚する前には働いていたのではないでしょうか。
また、専業主婦でも子供が生まれる前は働いていたという方も多いでしょう。
おそらく結婚を機に仕事を辞めた、妊娠したので退職したというケースが多いです。
 
専業主婦がお金を借りる際のポイントとしては、無収入の専業主婦になってから申し込むのではなく、働いて収入がある時に申し込みをしてカードをもっておくという方法があります。
 
無収入の専業主婦の場合、旦那さんの年収や職業が審査対象となります。
 
借入限度額は一般のカードローンのように300万円、500万円までというほぼ無制限というところもあるのですが専業主婦の場合、たいていは借入限度額は30~50万円程度というのがほとんどなのです。
 
しかも場合によっては審査をクリアできない可能性も少なくありません。
 
カードローンの場合、原則として年収が変わったり、仕事をやめたりすればその旨を金融機関に伝えないといけないのですが、現実的にはそれをしなくてもばれることはありません。
しかも自動更新ですので、再審査されることもないのです。
 
つまり一度作れば、よほどのことがない限りそのまま持ち続けられるのです。
しかもカードローンなら、申し込みをしても借入しなければ当然返済することもありませんし年会費がかかるわけでもないのです。
 
そのため、審査が厳しくなってしまい、融資限度額も低くなる無収入の専業主婦になってから専業主婦カードローンを申し込むのではなく、収入がある時に申し込みをしていたほうが審査をクリアしやすいでしょうし、融資限度額も高くなる可能性があります。


このページの先頭へ