一般銀行融資

ハンコと書類
お金を借りる場合、夫以外に借りる以外ではやはり人間関係にしこりが残ってしまう可能性があるため、できる限り金融機関から借りた方が良いでしょう。
 
金融機関から借りる方法としては一般の銀行融資を利用する方法があります。
 
一般銀行融資のメリットは、金利が低い傾向にあるという点でしょう。
いくら少額の借入とはいえ利息は少ない方が良いです。
 
特に専業主婦はただでさえ収入がない、もしくは少ないわけですから金利は低めの方が良いのでそういう意味では一般銀行融資はオススメです。
 
ですが、一般銀行融資は基本的に使用目的が限られています。
車に関するものならマイカーローン、子供の教育のためなら教育ローンというように使用目的が決まっているのでそれ以外には利用できません。
 
そして十分な収入がないと借入はできず、専業主婦で在宅ワークなどで確定申告が必要なほど収入がある方ではない限り、審査どころか申し込みの時点でダメかもしれません。
 
また一般銀行融資は一度借りてしまうと、再びお金が必要になった時にはまた申し込みをしないといけません。
 
その一方で専業主婦カードローンなら、無収入でも借り入れできる可能性があるのです。
そして使用目的が問われませんので、どのような使い道でもOKなのです。
 
もちろん、金利は一般融資よりも高くなってしまうのですが、専業主婦が必要な金額と言えばたいていは数万円程度でしょうから、それほど利息も大きくはありません。
 
仮に一般銀行融資と専業主婦カードローンの金利差が10%ほどあったとしても、10万円借りた場合には月に800円ちょっとしか変わりないのです。
 
また、専業主婦カードローンなら毎月返済して融資枠が残っていれば何度でも再キャッシングできるので、使いたい時にまた借りることもできるので便利です。


このページの先頭へ