一般銀行カードローン

収入が少しでもある専業主婦が借り入れするのであれば、消費者金融カードローンも利用できますが、無収入の専業主婦が借り入れできる金融機関は銀行しかありません。
 
とはいえ、一般の銀行融資は収入のない専業主婦は不可ですから、その場合は銀行が融資する専業主婦カードローンのみということになります。
 
では、一般銀行カードローンの違いというと、仮に同じ銀行でカードローンを作った場合には、ほぼ使い方は同じとなるでしょう。
 
ですが、銀行によっては専業主婦カードローンのほうが若干低く設定されていることもありますし、女性ならではのサービスがあるところもあるのです。
 
また、申し込みの際にも専業主婦カードローンの場合はオペレーターは全て女性という対応をおこなっているところもあります。
元々お金を借りるというどこか後ろめたいとこがあるものです。
 
そして返済方法など、いろいろ聞きたい事があっても男性だと聞きづらいものがありますが、対応してくれるスタッフが女性であれば、やはり気軽に話ができるものです。
 
このように、少しとはいえ専業主婦カードローンの方が優遇されているので、どうせ申し込むなら専業主婦カードローンの方が良いでしょう。
 
また一般銀行カードローンとの違いは、審査にあります。
専業主婦の場合は結局返済するのは旦那さんの収入からということになるので、審査の際には旦那さんの年収や職業、勤務先等の情報が必要になります。
 
ただ、それでも在籍確認等が旦那さんの職場に行く事はないので安心でしょう。


このページの先頭へ