アルバイト・パートをしてみよう

コールセンターで働く女性
専業主婦にもいろいろなタイプがあり、無収入の専業主婦もいれば、アルバイトやパートをして小遣い程度の収入を得ている専業主婦もいます(定義上は専業主婦と呼びませんが)。
 
お金を借りるのにどちらが条件がいいのか、というと、やはりたいていは少しでも収入を得ている専業主婦でしょう。
 
その理由は専業主婦カードローンの選択肢が広がるという点にあります。
 
無収入の専業主婦の場合、総量規制の関係上、消費者金融からお金を借りることはできないことになっています。
 
ですので、無収入の主婦は自動的に銀行の専業主婦カードローンしか選べません。
旦那さんの年収などが審査条件になるのですが、それによっては審査がクリアできないことも多々あるのです。
 
もちろん、収入がある専業主婦でも消費者金融からお金を借りる場合には、年収の3分の1までしか借り入れできないことになっているので、それほど高額融資は厳しいですが、借り入れできないということはあまりないでしょう。
 
しかも、在籍確認だけで収入証明書党は必要ありませんので、本当はダメなのですが、多少年収を上乗せしてもばれることはないのです。
 
そのため、専業主婦がお金を借りる際のポイントとしては、時間があるのであれば何かアルバイトやパートをしてみるというのも一つの対策です。
 
働いていればその職場に在籍確認の電話はきますが、年収がいくらで、何年勤務しているのか、週に何時間勤務なのかなどを聞かれることはありません。
ただ本当にその職場に在籍しているかどうかの確認だけです。
 
そのため、働いていれば、審査をクリアできる可能性が高くなるのです。


このページの先頭へ